コレステロール
コレステロールコレステロールってなんだろう?

コレステロールの働き

コレステロールの働き

コレステロール

コレステロールとは「コレステロールは体に良くないもの」というイメージが強いのではないでしょうか。
コレステロールは摂りすぎると体に良くありません。
動脈硬化や脂質異常症(高脂血症)を引き起こす原因となってしまいます。

しかし、コレステロールは体内でも作られる生命維持のために必要な成分の一つでもあるのです。

コレステロールの大事な働き

コレステロールの働きコレステロールは体内に存在する脂肪の一つで、血液や脳、脊髄、筋肉などに含まれています。
体が必要とするコレステロールの約60%は、肝臓や小腸で作られていて、足りない分の約40%は食べ物から摂取しています。

細胞膜の構成成分

人間の体は細胞からできていますが、コレステロールは細胞膜の構成成分として体中に存在しているのです。
細胞膜は、細胞内にウィルスなどの有害物質が進入してくるのを防ぎ、細胞内の物質が細胞外に出てしまうのを防ぎます。

コレステロールは、強い細胞膜を作るために必要な要素なのです。
コレステロールが不足すると、細胞膜が弱まり、免疫力が低下してしまいます。

ホルモンの原料

コレステロールは性ホルモンや副腎皮質ホルモンの原料となっています。
性ホルモンは性機能に関与し、副腎皮質ホルモンは炎症抑制やたんぱく質代謝、糖質代謝に関与しています。

副腎皮質ホルモンが不足すると、疲れやすくなったり、食欲が低下したりします。

胆汁酸の原料

胆汁酸はコレステロールから合成され、脂肪の消化・吸収に関与しています。
胆汁酸は肝臓で合成され、脂肪の分解に関与し、再び肝臓で吸収されます。
一度働いた胆汁酸は、肝臓に戻って、再び胆汁酸として働いているのです。

コレステロールは繰返し働いているので、コレステロールを多量に摂取する必要はなく、摂取しすぎると使い切れずに余ってしまいます。

どうしてコレステロールは体に悪いの!?

コレステロールは生命維持に欠かせない役割を果たしていますが、悪者とされています。
コレステロールは過剰になると血管や血流への悪影響もあるのです。

血液をドロドロにするコレステロール

コレステロールは中性脂肪と同様に脂質なので、水に溶けません。
しかし、水に溶けないコレステロールが、血液中に存在しています。なぜなのでしょう?

それは、コレステロールは「リポタンパク」という水に溶けやすい物質に姿を変えているからなのです。
コレステロールは水溶性になって血液に溶け、体のすみずみまで運ばれるようになっているのです。

コレステロールは中性脂肪とともに血液をドロドロの状態にしてしまいます。
「血液サラサラ」という言葉をよく耳にしまうが、コレステロールが多く溶けた血液は、サラサラと流れる健康な血液とは逆で、余分な脂質が溶けて流れの悪いドロドロの状態です。
コレステロールは血管を狭くしてしまうので、血管を詰まらせる原因にもなります。
コレステロールが悪者とされているのは、過剰摂取によってドロドロ血液となり血管を詰まらせる原因になるためなのです。

【コレステnet】コンテンツ分類
  • 【コレステロールってなんだろう?】役割とは?善玉と悪玉って?HDLとLDL?中性脂肪と違うの?
  • 【コレステロールの悪影響】LDLが原因となり得る脂質異常症、動脈硬化、糖尿病をご紹介。
  • 【コレステロールを下げるには?】食事療法、運動療法、薬物療法と生活習慣の見直しが効果的!
  • 【あなたのコレステロール値は大丈夫?】検査方法と結果の見方やLDLが高い原因と下げる食事
  • 【コレステロール コラム】遺伝との関係とは?妊娠中や閉経後にコレステロール値が高くなる原因とは?
【コレステnet】コンテンツメニュー
  • LDLコレステロールが高いと… - 数値を減らすには?
  • 生活習慣の改善 - コレステロールを下げるためにできること
注目記事(コレステnet)ランキング