コレステロール
善玉コレステロール,悪玉コレステロールコレステロールってなんだろう?

善玉・悪玉コレステロールとは?

善玉・悪玉コレステロールとは?

コレステロール

善玉と悪玉コレステロールコレステロールには、善玉コレステロール(HDLコレステロール)と悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の2種類があり、これらは全く異なる働きをしています。

一般的に、「悪玉コレステロールが体に悪い」というイメージがありますが、悪玉コレステロールも生命維持に必要な働きをしているのです。

なぜ善玉と悪玉?

HDL・LDLコレステロールとはHDLコレステロールもLDLコレステロールも、大切な働きをしているのに、どうして「善玉」「悪玉」と対照的な呼ばれ方をしているのでしょうか。

それは、コレステロールが引き起こす動脈硬化に関係しています。

善玉コレステロール

善玉コレステロールは、体内で使われなかった血液中の余分なコレステロールを回収して肝臓に持ち帰る働きをしています。
血液中の不要なコレステロールをお掃除してくれる働きがあり、動脈硬化を防ぐため「善玉」と呼ばれているのですね。

悪玉コレステロール

悪玉コレステロールは、肝臓から体のすみずみにコレステロールを運ぶ働きをしています。
血液中のコレステロール値が高いと、コレステロールを運ぶ際に、血管を詰まらせて動脈硬化を引き起こしてしまう場合があることから、「悪玉」と呼ばれているのです。

しかし、悪玉コレステロールの働きも生命維持に欠かせないものです。
悪玉コレステロールが体のすみずみにコレステロールを運ばなければ、体に不調を起こしてしまうのです。
血液中のコレステロール値が正常であれば、悪玉コレステロールも問題ありません。
必ずしも「悪」ではないのです。

超悪玉コレステロールとは?

超悪玉コレステロール(small denseLDL)とは、悪玉コレステロール(LDL)よりも動脈硬化を引き起こす可能性の高いコレステロールであり、悪玉コレステロールよりも粒子が小さくなっています。
「悪玉」以上に怖い「超悪玉」は、どのように増えるのでしょうか。
また、予防できるのでしょうか。

超悪玉コレステロールが怖い理由

超悪玉コレステロールが心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしやすいのは、超悪玉の粒子の小さいことにも理由があります。
粒子の小さい超悪玉コレステロールは、血管内壁に簡単に入り込みやすく、血管を詰まらせやすいのです。

また、コレステロールは血液とともに体中をめぐり、肝臓に戻ってきます。
しかし、超悪玉コレステロールは肝臓に取り込まれにくく、何日間も血管に存在して、血管にダメージを与えてしまうのです。

超悪玉コレステロールができる理由

超悪玉コレステロールは悪玉コレステロールが小型化したものです。
中性脂肪が過剰になると、コレステロールの居場所がなくなり、小型化してしまうのです。
そのため、中性脂肪が多い人や血圧が高い人、血糖値の高い人、HDL値の少ない人などに超悪玉コレステロールが作られやすいとされています。

超悪玉コレステロールの予防法

LDLコレステロールは肝臓で作られます。肝臓が正常に働かなければ、超悪玉コレステロールができやすくなってしまいます。
肝機能を低下させないように、アルコール・タバコは控えるようにしましょう。

中性脂肪が過剰になると超悪玉コレステロールが作られやすいことから、中性脂肪を減らすことが大切です。
脂質や糖質は中性脂肪になってしまうので、摂取量に気をつけるようにしましょう。

家族が狭心症や心筋梗塞を発症したことがある場合には、特に注意が必要です。

【コレステnet】コンテンツ分類
  • 【コレステロールってなんだろう?】役割とは?善玉と悪玉って?HDLとLDL?中性脂肪と違うの?
  • 【コレステロールの悪影響】LDLが原因となり得る脂質異常症、動脈硬化、糖尿病をご紹介。
  • 【コレステロールを下げるには?】食事療法、運動療法、薬物療法と生活習慣の見直しが効果的!
  • 【あなたのコレステロール値は大丈夫?】検査方法と結果の見方やLDLが高い原因と下げる食事
  • 【コレステロール コラム】遺伝との関係とは?妊娠中や閉経後にコレステロール値が高くなる原因とは?
【コレステnet】コンテンツメニュー
  • LDLコレステロールが高いと… - 数値を減らすには?
  • 生活習慣の改善 - コレステロールを下げるためにできること
注目記事(コレステnet)ランキング