コレステロール
脂質異常症,高脂血症コレステロールの悪影響

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)

コレステロール

脂質異常症(高脂血症)とは血液検査で「コレステロールが高いですね〜」などと、コレステロールや中性脂肪が高すぎると医師に言われたことはありませんか?
コレステロールと中性脂肪が基準値よりも高くなってしまうと、脂質異常症(高脂血症)と診断されます。

脂質異常症(高脂血症)は進行するまで症状はないので、診断を受けてもピンと来ないかもしれません。
しかし、脂質異常症は放っておくと、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞など命に関わる病気の原因となってしまうのです。

脂質異常症とは?

脂質異常症の症状と診断方法脂質異常症は、血液中の脂質が増えすぎている状態や不足している状態を言います。
かつては「高脂血症」と呼ばれていましたが、2007年に改名され、脂質異常症となっています。

脂質異常症の診断

脂質異常症は、血液中に含まれるコレステロールと中性脂肪の値を測定し、総コレステロール値、LDLコレステロール値、HDLコレステロール値、中性脂肪値で診断されます。

脂質異常症の症状

自覚症状は全くありません。痛くもかゆくもありませんが、血液内の脂質が多くなっている状態です。
血液の流れが悪いドロドロ血液をイメージするとわかりやすいかもしれません。
さらにひどくなると、血管を詰まらせてしまいます(動脈硬化)。

はじめは自覚していない人がほとんどです。脂質異常症は初期症状がなく、気付くころには進行してしまっています。
命に関わるような病気を発症して、初めて気付くことも…。
症状がないので軽く考えてしまい、知らないうちに進行して、命に関わるような病気を引き起こしてしまうところが、脂質異常症の恐ろしいところだと言えるでしょう。

脂質異常症の種類

脂質異常症は、異常がある脂質の種類によって主に4種類に分類されます。
脂質異常症のタイプは、血液検査によって簡単に調べられます。
下記のタイプのうち、いくつかのタイプを併せ持っている場合もあります。

詳しい検査方法や基準値については【コレステロール値を調べよう!】で紹介しているので参考にしてください。

高コレステロール血症

血液中の総コレステロール値が基準値よりも高い場合に診断されます。

高LDLコレステロール血症

血液中のLDLコレステロール値が基準値よりも高い場合に診断されます。

低HDLコレステロール血症

血液中のHDLコレステロール値が基準値に満たない場合に診断されます。

高トリグリセライド血症

血液中の中性脂肪(トリグリセライド)の値が基準値よりも高い場合に診断されます。

脂質異常症の原因

脂質異常症の原因はさまざまです。
糖尿病や甲状腺機能低下などの他の病気が原因となって発症する場合もあります。
また、女性の場合は閉経を迎えることにより、エストロゲンの分泌が減少することによってコレステロール値が高くなる場合もあります。
しかし、最も多いのは生活習慣の乱れが原因となって発症するケースです。

下記のような生活習慣は発症の原因となってしまうので、注意が必要です。

  • 食べすぎ
  • 運動不足
  • 糖分や動物性脂肪の過剰摂取
  • 肥満
  • 喫煙
  • アルコールの取りすぎ

脂質異常症の治療方法

脂質異常症はLDLコレステロールや中性脂肪を減らし、HDLコレステロールを増やすために食事療法運動療法を行います。
必要がある場合には薬物療法を行なう場合もあります。

また、禁煙やアルコールの摂取量を減らす必要もあります。

遺伝が原因!?家族性(原発性)高コレステロール血症

生活習慣に原因はなく、遺伝によってコレステロールが増えやすい場合もあり、500人に1人の割合でみられます。
両親のどちらか(または両方)にコレステロールを血中に蓄積しやすい遺伝子を持つ場合に、遺伝して発病することがあります。

両親共にコレステロールが増えやすい遺伝子を持ち、両方から遺伝した場合にはホモ型家族性高コレステロール血症を発症することがあります。
この場合、子供の頃からコレステロール値が高く、10代でも心筋梗塞を起こす可能性があります。
また、関節やアキレス腱などに黄色腫が出るという特徴もあります。

家族性(原発性)高コレステロール血症の治療

主に食事療法と薬物療法が行われます。
薬物療法は陰イオン交換樹脂・スタチン系薬剤を使用する治療が効果があるとされています。

【コレステnet】コンテンツ分類
  • 【コレステロールってなんだろう?】役割とは?善玉と悪玉って?HDLとLDL?中性脂肪と違うの?
  • 【コレステロールの悪影響】LDLが原因となり得る脂質異常症、動脈硬化、糖尿病をご紹介。
  • 【コレステロールを下げるには?】食事療法、運動療法、薬物療法と生活習慣の見直しが効果的!
  • 【あなたのコレステロール値は大丈夫?】検査方法と結果の見方やLDLが高い原因と下げる食事
  • 【コレステロール コラム】遺伝との関係とは?妊娠中や閉経後にコレステロール値が高くなる原因とは?
【コレステnet】コンテンツメニュー
  • LDLコレステロールが高いと… - 数値を減らすには?
  • 生活習慣の改善 - コレステロールを下げるためにできること
注目記事(コレステnet)ランキング