コレステロール
糖尿病コレステロールの悪影響

糖尿病

糖尿病

コレステロール

糖尿病を知る糖尿病は生活習慣病の一つで、食生活の欧米化などが原因で増えている病気です。
高血圧や脂質異常症などの病気を悪化させたり、心臓病や脳卒中などの命に関わる病気の原因になったりするため、注意が必要です。

とても怖い病気と思われがちですが、正しい知識を持ち、正しい生活習慣を送っていれば、合併症や他の病気を悪化させることを予防できます。

糖尿病とは?

糖尿病のタイプ糖尿病は血液中のブドウ糖が増えてしまう病気です。
本来ブドウ糖はエネルギーとして使われますが、糖尿病になると筋肉や臓器などの細胞にブドウ糖が運ばれず、血液の中に残ってしまうのです。
血糖値を下げて、血糖が細胞でエネルギー源として使われるように働くのがインシュリンです。

糖尿病は、インシュリンの働きが悪くなったり、インシュリンの量が減少するために発症してしまいます。

糖尿病にはさまざまなタイプがあります

糖尿病は主に1型糖尿病・2型糖尿病に分類されますが、妊娠中に起こる妊娠糖尿病、肝臓の病気や遺伝子異常などが原因となって起こる糖尿病もあります。

日本では、生活習慣と関係している2型糖尿病が最も多くなっています。

1型糖尿病

膵臓にあるインスリンを分泌するβ細胞が何らかの理由で壊れてしまい、インスリンが不足してしまうために血糖値が高くなってしまいます。
子供や若年層に多い糖尿病です。

2型糖尿病

肥満・食べすぎ・お酒の飲みすぎ・運動不足などの生活習慣の乱れが原因で、インスリンのはたらきが悪くなったり、インスリンの量が不足したりして、血糖値が上がってしまいます。

2型糖尿病は、遺伝的要因も大きく関係しています。
遺伝的要因に加えて、生活習慣の乱れなどの原因が重なったときに発症するケースも多いです。

糖尿病とコレステロール

糖尿病を発症するとインシュリンの働きが悪くなり、脂質の代謝が悪くなってしまいます。
脂質が代謝されないと、血液中の中性脂肪が増加し、悪玉コレステロールも増加してしまいます。
さらに、悪玉コレステロールが増加することで、善玉コレステロールが減少し、動脈硬化のリスクが高くなってしまいます。

糖尿病を発症したことで脂質異常症を併発してしまうケースも少なくありません。
糖尿病・脂質異常症のどちらも、生活習慣の乱れが主な原因となっています。
生活習慣の改善が糖尿病や脂質異常症の予防に効果的だといえるでしょう。

糖尿病の症状は?

糖尿病の初期症状は気付きにくく、気付いた頃には進行してしまっている場合が多いです。
「なんとなく調子が悪い」という症状から始まるので、つい放置してしまうのです。

糖尿病には、糖尿病の症状と、糖尿病によって引き起こされる合併症の症状があります。

糖尿病の症状

  • 体がだるい
  • のどが渇く
  • 尿の回数・量が増える
  • 疲れやすい
  • 体重の低下
  • 目のかすみ
  • むくみ

など

糖尿病の合併症

糖尿病は恐ろしい合併症を引き起こします。
軽い症状ならば、運動療法や食事療法で改善できるので、早期発見が重要です。
下記は糖尿病によく現れる合併症であり、3大合併症と呼ばれています。

糖尿病性神経障害

手足の痛み・指先のしびれ・足の裏に何かが張り付いた感じがするなどの症状があります。
血糖値が高い状態が続くと、細胞に酸素や栄養分が十分に運ばれず、神経障害を引き起こしてしまいます。
足首からつま先にかけての部分に症状が出る場合が多いようです。

糖尿病性網膜症

糖尿病は網膜症を引き起こします。糖尿病性網膜症は、物が見づらい・二重に見える・視界に黒い点が見えるなどの症状があります。
悪化すると失明に至ってしまうため早期発見が大切です。

糖尿病性腎症

血糖値が高くなると、血管の集まっている腎臓も痛みやすくなってしまいます。
腎臓がうまく機能しないと、老廃物を血中から排除できなくなり、尿たんぱくやむくみの症状が出るようになります。
進行すると、腎不全となり、人工透析が必要になってしまいます。

糖尿病の検査

糖尿病は血液検査で調べられます。
検査には下記の3種類があり、どれか一つでも異常値があるばあい「糖尿病型」と診断されます。
「糖尿病型」と診断された場合は、また別な日に改めて検査を行います。

随時行われる血糖検査

食事からの時間に関係なく測定を行います。
随時血糖検査の基準値は200mg/dlであり、200mg/dl以上の場合に、「糖尿病型」と診断されます。

空腹時に行う血糖検査

朝食事をとっていない状態で測定を行います。
空腹時血糖検査の基準値は126mg/dlであり、これよりも血糖値が高い場合に「糖尿病型」と診断されます。

ブドウ糖を飲んだ後に行う検査(75gOGTT)

検査までの10時間以上食事を取らずに空腹の状態で測定を行います。
その後、ブドウ糖を飲み、少し時間をおいてから再び測定を行います。

空腹時の基準値が126mg/dl、ブドウ糖を飲んで2時間後の測定の基準値が200mg/dlとされ、これ以上数値が高い場合に「糖尿病型」と診断されます。

糖尿病の治療

軽度の糖尿病は食事療法と運動療法を行います。
糖尿病が進行してくると、経口血糖降下薬やインシュリン注射などの薬物療法も必要になってきます。

糖尿病は予防方できる?

糖尿病は食べすぎやお酒の飲みすぎをせず、バランスの良い食事を心がけることが大切です。
甘いものや脂っぽいものの取りすぎには、特に注意が必要です。
また、軽い運動を心がけ、肥満を予防することも大切です。

【コレステnet】コンテンツ分類
  • 【コレステロールってなんだろう?】役割とは?善玉と悪玉って?HDLとLDL?中性脂肪と違うの?
  • 【コレステロールの悪影響】LDLが原因となり得る脂質異常症、動脈硬化、糖尿病をご紹介。
  • 【コレステロールを下げるには?】食事療法、運動療法、薬物療法と生活習慣の見直しが効果的!
  • 【あなたのコレステロール値は大丈夫?】検査方法と結果の見方やLDLが高い原因と下げる食事
  • 【コレステロール コラム】遺伝との関係とは?妊娠中や閉経後にコレステロール値が高くなる原因とは?
【コレステnet】コンテンツメニュー
  • LDLコレステロールが高いと… - 数値を減らすには?
  • 生活習慣の改善 - コレステロールを下げるためにできること
注目記事(コレステnet)ランキング