コレステロール
善玉コレステロール,増やすコレステロールを下げるには?

運動療法

運動療法

コレステロール

運動療法とは近年運動不足の人が増えてきているそうです。
生活が便利になり、日常的に体を動かす機会も減ってきています。
コレステロールと運動は深く関係し、コレステロールコントロールにおいて運動は不可欠です。

忙しい毎日を送っていると、運動をする時間がなかったり、疲れて面倒になってしまったりしてしまいますが、食事療法の効果を高めるためには、運動療法もあわせて行う必要があるのです。
少しずつでも体を動かすように心がけていきましょう。

コレステロールには有酸素運動!

効果的な有酸素運動運動をすることで、HDLコレステロールが増加し、LDLコレステロールが減少することがわかっています。
運動には有酸素運動と無酸素運動がありますが、有酸素運動が悪玉・善玉コレステロールの改善には効果的とされています。

有酸素運動と無酸素運動

有酸素運動は筋肉にかかる負担は比較的少なく、カロリーを消費し、体脂肪を燃焼できます。
そして、無酸素運動は筋肉に負荷をかけ、筋肉を鍛え、基礎代謝量を増やします。
「ダイエットには有酸素運動」というイメージがありますが、無酸素運動も基礎代謝を上げることにより、ダイエット効果が期待できます。
無酸素運動には、ダンベルや筋力トレーニングなどがあります。

しかし、コレステロールを下げることを目的として行う場合は、有酸素運動が効果的です。
有酸素運動は、脂肪や糖質を酸素によって燃焼させてエネルギーを作っていくのです。
有酸素運動にはウォーキングやジョギング、水泳、エアロビクス、サイクリングなどがありますが、普段運動をする習慣のない人でも、取り入れやすい運動が多いのも魅力です。
脂肪燃焼効果の他にも、心肺機能の強化・血液循環の改善・体力の向上・ストレス解消などの効果もあります。

有酸素運動のコレステロール改善効果

有酸素運動は善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らします。
また、中性脂肪は善玉コレステロールを減らす働きがありますが、運動によって中性脂肪が燃焼すると、さらに善玉コレステロールが増加していきます。

善玉コレステロールを上げるための運動時間

HDLコレステロールを増やすためには、1回の運動で30分以上行うことが効果的とされています。
また、1週間に2時間程度の運動をすることが必要という報告もあります。

1回30分以上、1週間で2時間程度の有酸素運動を続けることで、HDLコレステロールを効果的に増やすことができるのです。

中性脂肪が燃えるには時間がかかる!?

運動をしても、中性脂肪はすぐには燃焼しません。
運動開始から約20分で脂肪が燃え始めるとされていますので、脂肪が燃え始めてから長く運動したほうが、脂肪燃焼効果は高いのです。

ウォーキングを効果的に行うには…

最も手軽で、誰でも始められるウォーキングについて紹介します。
「ウォーキングは歩くだけだから簡単」と思ってはいけません。ただなんとなく歩くのでは、効果的とは言えません。

正しい知識を身につけて、効果的にウォーキングを行いましょう。

まずは準備体操!

「歩くだけなのに準備運動が必要なの!?」と甘くみてはいけません。
準備体操をしないでウォーキングを行うと、トラブルが起こりやすいです。
ウォーキングは全身の筋肉を使うので、運動の強度は低くはないのです。

また、準備運動で体を温めることでウォーキングの効果を向上することもできます。
後から「腰が痛い」「膝が痛い」などということがないように、準備運動はしっかり行うようにしましょう。

正しい歩き方

肩の力を抜いて、背筋を伸ばし、あごを引いた姿勢で歩きます。
歩幅を広く取り、かかとから着地するようにします。
腕は、力を入れすぎないようにして、大きく振るようにします。

【コレステnet】コンテンツ分類
  • 【コレステロールってなんだろう?】役割とは?善玉と悪玉って?HDLとLDL?中性脂肪と違うの?
  • 【コレステロールの悪影響】LDLが原因となり得る脂質異常症、動脈硬化、糖尿病をご紹介。
  • 【コレステロールを下げるには?】食事療法、運動療法、薬物療法と生活習慣の見直しが効果的!
  • 【あなたのコレステロール値は大丈夫?】検査方法と結果の見方やLDLが高い原因と下げる食事
  • 【コレステロール コラム】遺伝との関係とは?妊娠中や閉経後にコレステロール値が高くなる原因とは?
【コレステnet】コンテンツメニュー
  • LDLコレステロールが高いと… - 数値を減らすには?
  • 生活習慣の改善 - コレステロールを下げるためにできること
注目記事(コレステnet)ランキング