コレステロール
コレステロールを下げるコレステロールを下げるには?

生活習慣の改善

生活習慣の改善

コレステロール

生活習慣改善のためにコレステロールを減らすには、主に運動療法と食事療法を行いますが、生活習慣の改善が必要になる場合もあります。
飲酒・喫煙・ストレスは健康維持において、良くないとされていますが、コレステロールにも悪影響を及ぼします。
高コレステロールの人では、他の生活習慣病を引き起こす原因にもなるのです。

生活習慣を改めるのは、なかなか難しいことではありますが、少しずつでも取り組んでいきましょう。

コレステロールとアルコール

アルコールと喫煙の影響「酒は百薬の長」とも言いますが、量によっては健康の大敵にもなってしまいます。適量ならば、体に良いものであり、ストレス解消にもなります。飲みすぎている人は、量を控えるようにしましょう。お酒を控えるだけでも、コレステロール値が改善される場合もあります。

お酒の飲みすぎの悪影響

お酒を飲みすぎると肝臓疾患の原因となります。また、肝臓で中性脂肪の合成が盛んになり、悪玉コレステロールの増加につながってしまいます。
アルコールが関係する高コレステロールは、中性脂肪の増加が原因となっている場合が多く、アルコールの摂取量を減らすだけでも、コレステロールが改善される場合が多いです。

コレステロールと喫煙

タバコは寿命を縮めるとされ、高コレステロールに限らず、健康づくりのためには禁煙が必要とされています。
タバコはコレステロールに悪影響を及ぼし、動脈硬化の原因にもなり、狭心症や心筋梗塞、脳卒中のリスクを高めてしまいます。

タバコは本数ではありません。1日数本吸うだけでも良くないのです。

タバコはHDLコレステロールを減少させる!

タバコは体のあちこちに悪影響を及ぼしますが、コレステロールにも大きく影響しています。
タバコは、善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、動脈硬化のリスクを高めます。

また、心臓に負担をかけるため、心筋梗塞などの心疾患が発症しやすく、虚血性心疾患の発生率は非喫煙者に比べて喫煙者の発生率は3倍以上になっているという報告もあります。

喫煙は動脈硬化のリスクを高める!

タバコを吸うと悪玉コレステロールが酸化しやすく、動脈硬化を引き起こしやすい酸化LDLコレステロールが増えやすいので、動脈硬化のリスクが非喫煙者に比べてずっと高くなります。

コレステロールとストレス

ストレスを過剰に受けると交感神経が活発になり、遊離脂肪酸が増えて、コレステロールの合成が促進されてしまいます。
また、遊離脂肪酸が増加すると、空腹中枢が刺激されるので、食欲が増して暴飲暴食の原因にもなってしまいます。

暴飲暴食はコレステロール値にも悪影響を及ぼします。ストレスは中性脂肪の合成を促進させる働きもあり、コレステロールの増加に深く関係しているのです。

また、ストレスは血圧を上昇させ、心拍数を増加させてしまいます。心臓や血管への大きな負担をかけることにより、さらに動脈硬化のリスクを高めてしまうのです。

日常的にストレス解消を心がけましょう

ストレスの解消法は人それぞれですが、ストレスを解消するためにお酒を飲みすぎたり、食べ過ぎてしまったりするのは良くありません。
ストレスを溜めすぎないように、自分なりのストレス解消法を見つけると良いでしょう。
運動や音楽鑑賞なども良いですね。

コレステロールを下げるためには、食事や運動の管理のほかに、ストレスの管理もとても重要なことなのです。

【コレステnet】コンテンツ分類
  • 【コレステロールってなんだろう?】役割とは?善玉と悪玉って?HDLとLDL?中性脂肪と違うの?
  • 【コレステロールの悪影響】LDLが原因となり得る脂質異常症、動脈硬化、糖尿病をご紹介。
  • 【コレステロールを下げるには?】食事療法、運動療法、薬物療法と生活習慣の見直しが効果的!
  • 【あなたのコレステロール値は大丈夫?】検査方法と結果の見方やLDLが高い原因と下げる食事
  • 【コレステロール コラム】遺伝との関係とは?妊娠中や閉経後にコレステロール値が高くなる原因とは?
【コレステnet】コンテンツメニュー
  • LDLコレステロールが高いと… - 数値を減らすには?
  • 生活習慣の改善 - コレステロールを下げるためにできること
注目記事(コレステnet)ランキング