コレステロール
LDLコレステロール,下げるコレステロールを下げるには?

薬物療法

薬物療法

コレステロール

薬物療法の効果コレステロールが高くなってしまう主な原因は、生活習慣の乱れです。
コレステロールが高いからと言って、すぐに薬物療法は始めません。
まずはコレステロールを下げるための食事療法・運動療法から始めます。

薬物療法を行うのは、食事療法・運動療法を行ってもコレステロールが改善されない場合や、生活習慣の改善がどうしてもできない場合などです。
高コレステロールは薬だけで治りません。
生活習慣の改善が不可欠なのです。

薬を飲んでいても、薬に頼りすぎず、根気良く食事療法や運動療法を続けましょう。
また、コレステロールを改善するための薬物療法は、必ず医師の指導のもとで行いましょう。

薬物療法を始めるかどうかは医師の判断

まずは生活習慣の改善から!薬物療法を始めるかどうかは、生活習慣の改善を始めて3ヶ月〜半年経ってから医師が判断する場合が多いです。
動脈硬化が進行している場合やコレステロールがとても高い場合などには、すぐに薬物治療を始める場合もあります。(家族性高コレステロール血症の治療も、薬物療法をすぐに始めます。)

どんな薬が処方される?

コレステロールの値に異常がある場合、悪玉コレステロールを減らす薬や中性脂肪を減らす薬、善玉コレステロールを増やす薬が処方されます。
スタチン系薬剤やフィブラート系薬剤が最も多く処方されているようです。

コレステロールを減らす薬

薬剤の分類 効果
スタチン系薬剤 肝臓でのLDLコレステロール合成を抑制する
陰イオン交換樹脂 胆汁酸とコレステロールが腸で吸収されるのを抑制する
コレステロール吸収機構阻害剤 小腸からコレステロールが吸収されるのを阻害する

中性脂肪を減らす薬

薬剤の分類 効果
フィブラート系薬剤 中性脂肪が肝臓で作られるのを抑制する
ニコチン酸製剤 中性脂肪の合成を抑え、HDLコレステロールを増やす
EPA 中性脂肪が肝臓で作られるのを抑制する

薬の副作用は?

コレステロールをコントロールする薬に限らず、どんな薬であっても、副作用が現れる場合はあります。
コレステロールを改善する薬の副作用は、比較的少ないとされていますが、副作用が出る場合もあります。
稀に肝障害や横紋筋融解症などの症状が現れる場合もあるので、注意が必要です。

副作用がある場合には、すぐに医師に相談しましょう。

横紋筋融解症とは?

コレステロールの薬の副作用の一つに筋肉障害がありますが、まれに横紋筋融解症が発症することがあります。
横紋筋が壊れてしまう病気です。

症状には、筋肉痛や筋力低下、赤褐色の尿が出る、マヒなどがあります。早期発見・早期治療が必要です。
副作用による筋肉障害に気付いたら、すぐに医師に相談するようにしましょう。

薬はいつまで飲み続ければいいの?

コレステロールの値は薬を服用することで改善されますが、薬の服用をやめるとコレステロールの値は元に戻ってしまいます。
薬の効果で、コレステロール値が改善されたからと言って、治ったわけではないのです。

コレステロールをコントロールする薬は、長期間飲み続けなければいけない場合が多いですが、生活習慣の改善によって、中止・中断できる場合もあります。

【コレステnet】コンテンツ分類
  • 【コレステロールってなんだろう?】役割とは?善玉と悪玉って?HDLとLDL?中性脂肪と違うの?
  • 【コレステロールの悪影響】LDLが原因となり得る脂質異常症、動脈硬化、糖尿病をご紹介。
  • 【コレステロールを下げるには?】食事療法、運動療法、薬物療法と生活習慣の見直しが効果的!
  • 【あなたのコレステロール値は大丈夫?】検査方法と結果の見方やLDLが高い原因と下げる食事
  • 【コレステロール コラム】遺伝との関係とは?妊娠中や閉経後にコレステロール値が高くなる原因とは?
【コレステnet】コンテンツメニュー
  • LDLコレステロールが高いと… - 数値を減らすには?
  • 生活習慣の改善 - コレステロールを下げるためにできること
注目記事(コレステnet)ランキング