コレステロール
コレステロール値あなたのコレステロール値は大丈夫?

コレステロール値を調べよう!

コレステロール値を調べよう!

コレステロール

数値で見るコレステロールコレステロール値は血液検査で調べられます。
コレステロール値に異常があっても、自覚症状はないので、定期的に検査を受けて確認する必要があります。

日本では、脂質異常症(高脂血症)の人と脂質異常症予備軍の人を合わせると、2200万人にもなるという調査結果もあります。
あなたのコレステロール値は大丈夫ですか?
もしかしたら、自分は気付いていないだけなのかもしれません。

定期的に検査を受けるようにしましょう。

コレステロールの検査方法

検査の方法コレステロールは血液検査で比較的簡単に調べられます。
会社などで行われる健康診断でも必ず行う検査です。
健康診断を受ける習慣のない人は、定期的に検査を受ける習慣をつけるようにしましょう。

飲食の制限があります。

血液中の脂質を調べるには、検査までの12時間以上飲食をしてはいけません。
前日は夕食を普通に取り、朝食を抜いて検査を行います。
検査が終わったら、すぐに食事を取っても大丈夫です。

コレステロールの基準値と正常値

総コレステロール値・LDLコレステロール値(悪玉コレステロール値)・中性脂肪値が下記の基準値よりも越えている場合、HDLコレステロール値(善玉コレステロール値)が基準値より低い場合に、脂質異常症と診断されます。
また、正常値であっても、基準値に近い場合には脂質異常症予備軍であると考えて良いでしょう。

脂質異常症の種類 脂肪の種類 基準値
(mg/dl)
正常値
(mg/dl)
高コレステロール血症 総コレステロール 220以上 120〜219
高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール 140以上 70〜139
低HDLコレステロール血症 HDLコレステロール 40未満 40以上
高トリグリセライド血症 中性脂肪 150以上 50〜149

LDLコレステロールの計算式

コレステロールの検査で、総コレステロール値とHDLコレステロール値、中性脂肪値は測定されていても、LDLコレステロール値の測定はしない場合が多いです。
しかし、下記の計算式によって気になるLDLコレステロールの数値も算出できます。

LDLコレステロール値 =
総コレステロール値 − HDLコレステロール値 − 中性脂肪値 × 0.2

LH比でコレステロールバランスを確認!

コレステロール値や中性脂肪値が正常値だったとしても、安心はできません。
コレステロールバランスも大切なのです。コレステロール値が正常値にある人は、LH比を指標として、コレステロールの管理をしていくと良いでしょう。

LH比の計算式

コレステロールのバランスはLH比で確認でき、下記の式で求められます。

LH比 =
悪玉コレステロール値 ÷ 善玉コレステロール値

LH比が大きいほど動脈硬化のリスクが高い!

LH比の目標値は、糖尿病や生活習慣病などの持病がある人は1.5、持病のない人は2.0であり、LH比1.5が推奨されています。
LH比が2.5を超えると動脈硬化のリスクが極めて高くなるというデータもあります。

コレステロールのバランスが悪いと、動脈硬化の進行しやすくなります。
コレステロール値も大切ですが、コレステロールバランス・LH比も注意していきましょう。

超悪玉コレステロールは調べられる?

超悪玉コレステロールは、健康診断で行う血液検査では調べられません。
「小粒子LDLプロファイル」(保険適応外)という検査や「リボ蛋白分画精密測定」(保険適応)で調べられます。

【コレステnet】コンテンツ分類
  • 【コレステロールってなんだろう?】役割とは?善玉と悪玉って?HDLとLDL?中性脂肪と違うの?
  • 【コレステロールの悪影響】LDLが原因となり得る脂質異常症、動脈硬化、糖尿病をご紹介。
  • 【コレステロールを下げるには?】食事療法、運動療法、薬物療法と生活習慣の見直しが効果的!
  • 【あなたのコレステロール値は大丈夫?】検査方法と結果の見方やLDLが高い原因と下げる食事
  • 【コレステロール コラム】遺伝との関係とは?妊娠中や閉経後にコレステロール値が高くなる原因とは?
【コレステnet】コンテンツメニュー
  • LDLコレステロールが高いと… - 数値を減らすには?
  • 生活習慣の改善 - コレステロールを下げるためにできること
注目記事(コレステnet)ランキング