コレステロール
コレステロール,家系コレステロール コラム

高コレステロールに家系も関係している!?

高コレステロールに家系も関係している!?

コレステロール

高コレステロールの遺伝性高コレステロールは遺伝します。
両親のどちらかに高コレステロール血症があると、子供にも遺伝する場合があります。
遺伝性の家族性高コレステロール血症の場合、子供のうちからコレステロールが高くなってしまいます。
コレステロールが高くなるのは、大人だけではないのです。

また、最近は子供の肥満が増えています。
高コレステロールの家系でなくても、生活習慣の乱れによって、子供のうちからコレステロールが高くなってしまう場合もあります。
子供のうちから動脈硬化予備軍となることだってあるのです。

家系とコレステロール

家族性高コレステロール血症両親のどちらかがコレステロールが高くなりやすい遺伝子を持っている場合に、子供に遺伝することがあります。
この高コレステロール血症を家族性高コレステロール血症と言います。

家族性コレステロール血症

両親のどちらかから遺伝子を受け継いだ「ヘテロ型家族性コレステロール血症」と、両方から遺伝子を受け継いだ「ホモ型家族性コレステロール血症」があり、どちらも高コレステロールのほかに、黄色腫が見られるという特徴的な症状があります。

家族性コレステロール血症の総コレステロール値は、ヘテロ型で250〜500mg/dl、ホモ型で500〜1000md/dlもの値になるとされています。
正常な人の総コレステロール値(約200mg/dl)の倍以上にもなるのです。
ホモ型の場合、10代でも心筋梗塞や狭心症、脳卒中を起こす可能性が高くなってしまいます。

家族性高コレステロール血症の治療

家族性高コレステロール血症は、薬物療法と食事療法を行ってLDLコレステロールを下げていきます。
薬物療法は、主にスタチン系薬剤とイオン交換樹脂が用いられます。

食事療法は、LDLコレステロールを増やす動物性脂肪を控え、植物性脂肪を摂取するようにし、食物繊維を多く摂取するようにします。

子どもの脂質異常症

子供の肥満が増え、家族性の高コレステロール血症以外にも子どもの脂質異常症が増えてきています。
コレステロールが高い小学生は約10%もいるという報告もあり、高コレステロールによる動脈硬化予備軍だけでなく、生活習慣病予備軍もいるとされています。

子供の高コレステロール・脂質異常症の原因として、運動不足や食の欧米化が挙げられます。
ゲームをする子供が増え、外で体を動かして遊ぶ子供が減少しているのだとか。
また、ファーストフードや肉中心の食事、おやつやジュースの摂取量が増えたことも原因となっています。

子どもの脂質異常症の診断・基準値

子供の脂質異常症は、中性脂肪や悪玉コレステロール値が高くなっている状態です。
子供の脂質異常症は、総コレステロール200mg/dl以上、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)130mg/dl以上、中性脂肪(トリグリセリド)150mg/dl以上、善玉コレステロール(HDLコレステロール)40mg/dl以下のいずれか一つでも当てはまる場合に診断されます。

子供は血液検査を受ける機会があまりありません。
また、コレステロールが高くてもほとんど症状がないので、子供のコレステロール値が高いことに気付かない親も多いようです。
まずは、検査を受けてコレステロール値を確認しましょう。

子どもの脂質異常症の治療法は?

脂質異常症の治療は運動療法と食事療法です。
家の中ではなく、外でたくさん体を動かして遊ぶと良いでしょう。スイミングスクールなどに通って、定期的に体を動かすのも良いです。
また、食事は脂肪や糖分の取りすぎに注意し、子供の好きなハンバーグやカレーライスなどは控え、和食中心の食事にすると良いでしょう。

【コレステnet】コンテンツ分類
  • 【コレステロールってなんだろう?】役割とは?善玉と悪玉って?HDLとLDL?中性脂肪と違うの?
  • 【コレステロールの悪影響】LDLが原因となり得る脂質異常症、動脈硬化、糖尿病をご紹介。
  • 【コレステロールを下げるには?】食事療法、運動療法、薬物療法と生活習慣の見直しが効果的!
  • 【あなたのコレステロール値は大丈夫?】検査方法と結果の見方やLDLが高い原因と下げる食事
  • 【コレステロール コラム】遺伝との関係とは?妊娠中や閉経後にコレステロール値が高くなる原因とは?
【コレステnet】コンテンツメニュー
  • LDLコレステロールが高いと… - 数値を減らすには?
  • 生活習慣の改善 - コレステロールを下げるためにできること
注目記事(コレステnet)ランキング